食品の産地判別、原料由来判別のパイオニア
がんばれ!東北 がんばれ!日本 同位体研究所は、産地の復興支援に取り組みます
同位体研ロゴ_web.gif

ごぼうの産地(原産国)判別検査

ごぼうの原産国(輸入・・中国、国産)の判別検査

近年の中国産野菜の国産偽装表示を受けて、国産と輸入(中国産)の判別検査が求められるようになりました。 同位体研は、ごぼうの安定同位体分析により、輸入(中国産)と国産さといもを判別する為の分析検査を提供しています。 ごぼうの検査の場合、個体のばらつきを考慮し、1つの検査対象について、複数個体の分析と、複数個体を粉砕均質化した混合検体の双方を分析し、その結果に基づき判定を行います。 

対象農産物
ごぼう(生・水煮・冷凍)
分析法
炭素・窒素・酸素安定同位体比分析による原産国判別(対象国 中国、国産)
(TC/EA, EA IRMS分析による多元素安定同位体比分析)
判別結果例
「輸入(中国産)ごぼうと判別される」「国産ごぼうと判別される」
1検体より5分析個体を採取。 併せて混合粉砕による分析検体を調製
判別の方法は、分析により得られた安定同位体比値を、判別の為の「判別式」により得られた判別得点により国産・輸入を判別します。 この方法は、判別分析といわれ、あらかじめ素性が明確(国産・輸入)な里芋の分析データを統計的(多変量解析・判別分析)に解析し、検査対象の検体が国産グループに属するのか、または輸入グループに属するかを判別します。 基礎標準里芋データは、中国42,国産51(北海道、青森、栃木、千葉、茨城等の東北・関東、宮崎、鹿児島等の九州産を主体)の総計200を用いています。統計的判別精度は、93%
検査価格
安定同位体比分析費用 35,000円(税別)
必要サンプル量
検査を行う里芋は、1検体最低5個以上を冷蔵又は冷凍にて送付ください。
検査日数
5日