食品の産地判別、原料由来判別のパイオニア
がんばれ!東北 がんばれ!日本 同位体研究所は、産地の復興支援に取り組みます
同位体研ロゴ_web.gif


農法判別検査

特徴1:有機農法(有機農産物栽培)の判別が可能です。

SW147.JPG農産物中の窒素の由来(化学肥料/有機肥料/野生)を判別
農産物中の窒素安定同位体比・全窒素量を計測する事により、農産物中の窒素が化学肥料由来なのか、有機肥料由来なのか、もしくは肥料を与えず野生のものなのかを判別できます。 有機農産物(JAS法)による表示された有機農産物が有機肥料で生産されているのかを判別できます。 

特徴2:農場の土作りの指標となります

SW072.JPG土壌・農産物の安定同位体比の計測により圃場状態が分かります
現在の農地土作りにおいては、化学肥料のみ、有機肥料のみという構図だけではありません。環境に負荷をかけないように肥料の過剰投与を抑制しながら、作物に効率よく肥料が吸収できるよう適切な管理が必要です。 作物中の窒素安定同位体比・全窒素、土壌中の窒素安定同位体比・全窒素を測定し、対比する事で、土作の指標が得られます。 窒素分がうまみに大きく影響するお茶などの栽培で有効です。